在住歴35年カマルが教える悠々自適に暮らすための秘訣

サウジアラビアの観光にジェッダは穴場?行き方やレンタカーやUberは?

WRITER
 
saudi sunset.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!カマルです!

当ブログに起こし頂きありがとうございます!

この記事では、世界文化遺産のあるジェッダジェッダ市内観光スポットをご紹介します。

ジェッダの世界遺産については、別記事に書いてあるのでそちらを参考にしてみてください。

サウジアラビアは、大巡礼の季節には世界各国から200万人から300万人の巡礼者を迎えます。

また小巡礼者(オムラ)は、世界中から一年中参拝にやってきます。

観光ビザは、今まで発給していませんでしたが、この国を訪れる人達は、巡礼者だけで毎年800万人位います。

しかしサウジアラビアの経済改革「サウジ・ビジョン2030年」の方針で、石油の枯渇を見通して石油だけに頼らず観光にも力を注ごうという方針を取りました。

そのため2019年には、観光ビザが発給される見通しです。

年間3000万人の観光客を呼び込む計画が発表されています。

2016年のサウジアラビアの人口は、3,228万人(外務省データより)

その約3200万の人口の中で、実に30歳以下の若者が70%という人口構成比なのです。

そのために失業率も11.6%(2015年上半期,サウジ通貨庁)と高いです。外国人労働者が多いことも原因の一つに考えられます。

  • 自国民:73%
  • 外国人:27%(出身別:アジア20%,アラブ6%,アフリカ1%,ヨーロッパ1%以下)

出典元:外務省

世界遺産のあるジェッダってどんなところなの?|女性のアバーヤについて

このように世界各国からやって来る 大巡礼、小巡礼者のためこのジェッダ空港は、各国の 民族衣装やイフラーム(巡礼者が着る衣装)を身に着けた人達で賑わっています。

巡礼をする場所は、ジェッダから80キロメートル南東に行ったところにあるメッカです。

ここメッカは、イスラム教徒だけが入れます

この巡礼は、イスラム教の開祖であるムハンマドの時代(約1400年前)から続いています。

ジェッダの歴史

1400年前(7世紀頃)は、飛行機がなかったため巡礼者の最初に降り立つ港は、ジェッダ港でした。

そのため多くの エジプト経由の巡礼者が、紅海を渡ってジェッダに到着しました。

そこから巡礼のためにメッカに向かいます。

ジェッダは、巡礼者のためと貿易ルートとしての重要な役目を担いながら、外部からのいろいろな文化的影響を受けながら発展してきました。

そのため数多くの 商業施設があり、あなたが欲しいものは、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど世界各国の品物を入手でき、ブランド品でも関税なしのリーズナブルな値段で購入出来ます。

しかし、注意して頂きたいのは、サウジアラビアでは、今まで消費税は、取られなかったのですが、2020年7月から15%の付加価値税が導入されました。

ショッピグの際には、十分気をつけてください。特に高価なものの、15%は、痛いですよね。

例えば、ブランド品30万円のものだと45000円の付加価値税が徴収されます。

ジェッダの町並みと女性のアバーヤについて

スポンサーリンク

abaya black and white2.png

ジェッダは、人口400万人(2016年)で、そのうち外国人は、約22%です。

サウジアラビアの中で 一番自由度が高い街です。どの街よりも女性や外国人が緊張しないで過ごせるところです。

ジェッダの海岸通り(コルネッシュ)に行くと海に面して高級ホテルが立ち並び、芸術的なモニュメント、広々とした公園、海に浮かぶマスジットなどリゾート風な光景が見られます。

人々のアバーヤも黒だけではなく、様々な色合いの衣装が目に付きます。

グレイ、紺色、ブルー、ベージュなど自由気ままなデザインで着飾っています。

アバーヤでオシャレを楽しむのは、当たり前のことで、 美容整形(顔、胸など)も盛んに行われています。

幅の広い道路には、とてつもなく大きな自転車のモニュメントや地球儀、モザイクで作った海の波しぶき、また抽象的なデザインのモニュメントなど芸術作品が大通りのあちらこちらで垣間見られます。

他の都市には、見られない芸術的な町並みです。

学校教育で描くのが禁止されている人物画の展示も見かけられるようになりました。

また世界各国のレストランもあり、食通にはうれしい限りです。

日本料理の代表格の寿司レストランもかなり増えてきていますよ。

アラビア料理が口に合わなくても大丈夫ですね。

油を使わないで栄養がバランスよくとれるお寿司は、低カロリーでヘルシーな料理なのでサウジ人に人気があります。

ジェッダの世界遺産以外の観光地は?

スポンサーリンク

キングファハド噴水

ジェッダ名物といえば世界で一番高いキングファハド噴水」です。「 ジェッダ噴水 」とも言われています。スイスの レマン湖の噴水に似ていますね。

この噴水の最大の高さは、いろいろな説がありますが260m から312mの高さを誇っているようです。ジャンボジェット機のエンジンで駆動しているようです。

アメリカにある イーストセントルイスの「ゲートウェイガイザー」の噴水の高さは、192mで世界で第2位です。

夜間には500以上のスポットライトで照らされたきれいな噴水が見られますが、夕焼けをバックに空の色が刻々と変わるグラデーションをバックにした「キングファハド噴水」もすばらしい眺めですよ。

ジェッダタワー|ジッダ・ タワーは、アラビア語でブルジルマムラカ

ドベイの「ブルジェハリーファ」よりも高い「ジェッダタワー」は、アラビア語で「ブルジルマムラカ」と言います。

現在建築中 で 2019年完成予定でしたが、大幅に遅れています。

完成しましたら、このブログでお伝えしますね。

252階建てで、高さは1008メートルです

ドバイの「ブルジェ ハリーファ」は、高さが828メートルです。

ジェッダタワー(ブルジルマムラカ)は、世界一をめざしています

ジェッダのリゾートビーチは?

ジェッダにある パブリックのリゾートビーチは、海岸沿いの「コルニッシュ」です。

そこには、多くの公園があり、海に浮かんでいるように見える白壁のマスジットもあります。

その側には、海側に沿って有名なホテルが隣接して建っています。

またプラベートリゾートビーチも沢山あります。

ジェッダのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港から約60km程、かけ離れたところにある海岸には、ダッラトルアロース(Durrat Al-Arus)という大きなビーチリゾートタウンが、あります。

またリゾートビーチホテルでは、「ナヒール」などが有名です。

日本からジェッダへの行き方|レンタカー会社とUber,Careemについて

航空会社

LCC以外のリーズナブルな飛行機会社は、イティハド航空(アブダビの飛行機会社)です。

シーズンオフを狙えばかなりチケット代金は、お得です。

成田からジェッダまでの飛行ルートは、ダイレクトはありません。乗り換えをアラブ首長国連邦(UAE)の アブダビでします。

「成田空港ーアブダビ空港ージェッダ空港」のルートとなります。

ただ注意点として、アブダビでの待ち時間をよくチェックしてみてください。8時間以上の待ち時間がある場合もあります。

機内は、きれいで、食事もおいしいです。もちろん最新映画も楽しめますよ。

LCCを利用する場合

LCCを利用する場合は、ジェッダ行き格安航空券を求めることができるスカイスキャナー(skyskanner)があります。

ジェッダ格安レンタカーを借りたい場合は、同じく料金プランを比較、予約できるスカイスキャナーで調べられます。

ジェッダでレンタカーを借りる時の注意点

ドライバーの年齢が25~75歳までとなっています。レンタカー会社により異なるようです。運転者が25歳以下の場合に追加料金が請求されるところもあります。通常は、車を借りるときに支払うようになっています。予約する前にレンタカー会社のwebサイトをよく確認しましょう。

ジェッダで車を運転する時の注意事項

ジェッダに限らずサウジアラビア国内の運転マナ-は、日本と比べるとかなり運転マナーに欠けるところがあります。あおり運転などは、普通に見かけられます。

あおり運転に遭遇したら、問題を起こさないようにを譲ってあげましょう。この国では、後ろからピッタリ車がくっついてきたらすぐに車線変更して車を通らせます。外国で事故や問題を起こすと言葉の問題や日本と違う法律などであなたが不利になる確率が大きいです。十分注意して運転しましょう。

サウジにはウーバー(Uber)はあるの?

サウジアラビアには、UberとCareemがあります。女性のドライバーもいます。(サウジでは女性の運転が禁じられていたが、2018年6月に女性の運転が解禁された)

スマートフォンでアプリをインストールすると使用可能です。

日本のスマートフォンであれば、SIMフリーの携帯電話が便利ですね。

サウジアラビアの空港で、SIMカードを購入できます。SIMカードについて詳しく書いた記事がありますので、そちらを参照してください。

サウジアラビア空港でWiFi・SIMは購入可能なの?|日本へ電話は何分話せる?

もし、レンタカーを借りて走るのに、抵抗がある方は、タクシーよりも安いUber かCareemを利用すると安全でしょう。

まとめ

歴史のある街ジェッダは、海岸沿いにあり、古くからエジプトから紅海を通してインド洋までの東西交易路の重要な港でありました。

また巡礼者のメッカへの入り口として世界中のイスラム教徒を受け入れてきました。

そのため、商業施設もたくさんあり、レストランも世界各国のお店が存在します。

ジェッダは、メッカやリヤドの女の人達と違って顔をベールで覆っていないひとが多くいます。

それほど、街の雰囲気は、他の都市と比べて自由な空気に包まれているんですね。

第一の聖地があるメッカでは、顔を出して歩くとジロジロ見られますから、やはり顔を隠した方がいいんです。

このように、ジェッダは、昔から世界中の巡礼者や外国人を受け入れてきたという歴史があるので、旅行者にとっては、他のどの都市よりも居心地はいいですよ。

是非、未知の国サウジの第一歩をジェッダ観光で楽しんでくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 海外移住で失敗しないノウハウBOOK , 2019 All Rights Reserved.